ビジネスを制するSEO対策

MENU

HOME SEO対策のタブーを知ろう

 ビジネスにおけるインターネットの重要性は、皆さんがご存じのことだと思います。
インターネットの普及によって、土地を持たなくても、多くの従業員を抱えなくても
“店舗”を構えることができるようになりました。

実際にSEO対策(検索エンジン最適化)の成果を
上げているサイト

それは、経営者側のリスクを減らし、また地域・国を超えて
お客を集めることができるようになりました。


まさにインターネットによって、ビジネスは大きな広がりを見せたといえるでしょう。
さらに昨今のスマートフォンの普及は、ネットの世界をより一層身近なものへと変化させました。
もはや、ネットのない日常なんて想像できるでしょうか。実践・SEO対策ここから始める。

 

世界中の人が顧客となります。ビジネスツールがあればだれでもどこでも
ネットを使って自社のサービス商品などの広告が可能です。

そう考えていくと、一番重要なホームページの活用といえるかもしれません。


しかし残念ながら、誰もがネットにおけるビジネスで成功しているわけではありません。
というのも、ネットの環境がこれだけの広がりを見せた反面、
ユーザー数は無数に広がり、サイトの数も膨大なものとなったからです。


この中から、ある一つのサイトを見つけ出す。逆側からいえば
たった一人のユーザーを見つけ出すことは容易ではありません。

導き出す


全世界とつながってはいるのですが、その分特定の人、
ものに繋がるためには膨大な情報の中から探し出さないといけないわけです。


どこかにあるはずのサイト、どこかにいるはずのサイトを見つけるために
検索エンジンと呼ばれるものが不可欠になりました。


これにより、それぞれのサイトとユーザーはめぐり合うことができるようになったのです。
そこで、ネットビジネスで成功を収めるためにも、不可欠なSEO対策についてご説明したいと思います。

 

モバイルフレンドリーとは?Googleが評価するスマホサイトの使いやすさ


今日では、スマートフォンの発達と普及により、パソコンだけでなく
スマートフォンからサイトを見るユーザーも多くなってきました。

 

しかし、パソコンとスマートフォンでは画面の大きさが全く違うため、パソコン用のサイトをスマートフォンで見ようとすると、レイアウトが崩れたりサイトの一部しか表示されなかったりするといった不具合に悩まされることになります。
このような事情から、Googleでは2015年4月21日よりMFI(Mobile First Index)を開始しました。

これは、その名の通り、スマートフォンによる検索結果を優先するというシステムです。各サイトをGoogleが評価し、モバイルフレンドリーではないと見なされた場合は、検索順位が下げられる仕組みになっています。
そのため、各サイトが検索結果で上位に来る状態を維持したいのであれば、スマートフォンでも問題なくサイトを見られるように工夫を凝らさなければならなくなりました。
具体的には、画面の大きさに応じてレイアウトが変化したり、スマートフォンの画面で誤タップが起きないようにボタンの間隔を空けたりするなどの措置が必要となったのです。
サイト内のページの1つ1つを対応させていくことは大変な作業となります。

しかし、これがうまくいけば、スマートフォンしか使用しないユーザーを顧客として取り込むことも可能になるため、新たな顧客層の獲得につなげることができるのです。

 メリット  サジェストキーワード  共起語  初心者
  バズる   ページランク    上位   モバイル
   ディレクトリー登録   セミナー   コンテンツ   
ソーシャルメディア   重要性   良いもの
   サーチコンソール   アルゴリズム   テキスト 
  基本   一番大切   即効性    オーソリティサイト 
  アナリティクス   外部対策   避けたいこと   インデックス登録
   便利さを提供するクローラー   業者選びのポイントは表示順位
SEO対策をするべき理由   キーワード設定からの流れ