SEO

SEO対策において避けたいこと

seo対策する際、適当にキーワードを選定することはまずNGになります。
そして、最も使用されている、あるいは使用されやすいキーワードは
競争率が高いので、使用することは同じくNGです。

なぜなら、seo対策する上で考えなければならないのが
自分のサイトを上位表示させることになります。

後発となるにも関わらず、競争率が高いキーワードを選んでも
ターゲット層に知られることがまずないので、避けることが必須です。

避ける

その代わりに競争率が低く、長く集客し続ける可能性が高い
ロングテールキーワードがオススメです。

ロングテールキーワードを使うことで、効果的にseo対策することができ
たくさんのターゲット層を引っ張ってくることができます。

競合が使用していないこと、長く使われることから、長期的なseo対策となり
その市場を独占できる可能性もあるでしょう。

そんなロングテールキーワードの選び方は、Google等の検索窓口に
キーワードを入力し、予測変換されるものから選ぶと良いでしょう。

ロングテール

ロングテールキーワードは、基本的に予測されるキーワードの中の
下の方なので、そこから選ぶことが良いです。

ただし、一度検索結果をチェックし、その上で使用の有無を決定しなければなりません。

中にはすでに競争率が高いものもあるので、結果として負けてしまうことになります。
ですので、検索結果が『勝てる』や『競合がいない』と判断することができたら
そのロングテールキーワードを使用し、seo対策を施しましょう。

 

 メリット  サジェストキーワード  共起語  初心者
  バズる   ページランク    上位   モバイル
   ディレクトリー登録   セミナー   コンテンツ   
ソーシャルメディア   重要性   良いもの
   サーチコンソール   アルゴリズム   テキスト 
  基本   一番大切   即効性 
  アナリティクス   外部対策   避けたいこと   インデックス登録